京都探偵相談室

京都府公安委員会届出番号 61190010号

様々な調査依頼を受け付けています

調査項目

浮気・不倫調査

浮気調査

・浮気の事実があるのか確認したい。
・浮気相手と会う日が特定できているので、その日に調査をしてほしい。
・休日出勤すると言っているけど、本当なのか?
・浮気相手と別れたと言っているけど、まだ会っている様子。
・友人と旅行に行くので、その日の夜の行動を調査してほしい。
・浮気相手と会う日が特定できていて、慰謝料請求の為証拠がほしい。
・友人と旅行に行くので、その間の夫(妻)の行動を確認したい。
・飲みに行くことが多いので、飲みに行く時に数回、行動を確認したい。
・メールやデジカメ等写真の証拠があるので、浮気相手の身元と勤務先を確認したい。
・別居中の夫(妻)の住所が知りたい。

対象者の情報が多いほど、短時間調査が可能になるため、料金も安くなります。
ご報告後のアフターケアも万全です。
ご希望により、当社より弁護士を無料でご紹介いたします。

人探し・行方調査

人探し

・突然家出されたお子様や親族
・連絡が取れない友人
・金銭のトラブルの相手等の所在を調査致します。

突然連絡が取れなくなったというケースの場合、何らかのトラブルや事件に巻き込まれている可能性が予想されます。まず警察署に「家出人捜索願」の届出をしましょう。ですが警察では家出人捜索について事件性が薄い場合には、捜索を専門に着手はしてくれない事があります。
また、家出人捜索願の届出ができる人が決まっているので、「友人、知人がいなくなった。」「お金を貸した相手がいなくなった。」等の場合は、殆ど受理されません。

家出人は、家出後の生活維持の為に犯罪を起こしたり、風俗や水商売等で働いて生活を送っているケースがあります。一刻も早い発見が家出人の社会復帰や人生のやり直しの手助けになります。

ストーカー調査

ストーカー調査

・最近誰かにつけられている様子
・ストーカーで悩んでいて、その証拠が欲しい
・別れた恋人につきまとわれている等はありませんか?

そのまま放っておくと、ストーカー行為がエスカレートし、あなたに危害が加わる可能性があります。
そうなる前に早めの対処しておく事をお勧めします。

ストーカー被害にあった場合、まず警察署へ被害届を出すことをお勧めしますが、必ずしも解決に結びつくとも限りません。犯人が特定出来なければ、警察からの警告などの対処をすることが出来ません。
警察もある程度自宅周辺のパトロールをしてくれたりしますが、常に見ているわけではありません。

当社では、犯人を特定する調査を行い、犯人の身元、ストーカー行為の証拠などの収集を行います。証拠があれば、警察への被害届や民事訴訟で、ストーカー行為によって受けた精神的な損害や被害の回復のために損害賠償を求めることも可能です。

個人調査

個人調査

素行調査・行動調査とは?
普段どのような行動をとっているかお調べ致します。友達、お子様等の様子が「最近おかしいな?」と思ったらご相談下さい。何らかの犯罪を起こしたり、巻き込まれたりする前に早めの対処が必要です。

行動調査の依頼例
・妻、恋人の行動が知りたい
・金遣いが荒くなったが、何にお金を使っているか知りたい
・嘘をつくことが多くなった、本当のことが知りたい
・子供の行動や様子を知りたい
・夜間の外出や外泊が増え、どこで何をしているか知りたい
・出会い系サイトやSNSなどで知りあった人物と会っているか知りたい
・どのような友人と関係があるのか知りたい
・離れて暮らす子供の様子が知りたい
・従業員の行動や様子を知りたい
・連絡がつかない事が多い、何をしているか知りたい
・営業で外出中にさぼっていないかを知りたい

個人調査の場合は調査内容により料金が変動致しますので、まずはご相談下さい。

浮気調査なら京都探偵相談室

その他調査

調査項目に記載してない調査や様々な調査が組み合わさった調査なども調査することが可能です。
詳しくはお問合せください。

※以下の場合の調査はお断りさせて頂きます。
・社会的差別の原因となるもの
・ストーカー行為等(つきまとい等)の目的
・DV法に係る被害者の所在調査の目的
・盗聴・盗撮行為目的
・各種法令に抵触する可能性のある調査目的等
・その他、公序良俗に反する調査目的等

京都探偵相談室ブログ

浮気調査やその他の調査など調査内容を公開できる範囲内でブログ配信しています。

浮気でお悩みの方は京都探偵相談室にご相談ください

安心価格で調査いたします・まずは無料相談。

今すぐ無料相談する

(担当者直通)

メールで相談する