京都探偵相談室

京都府公安委員会届出番号 61190010号

京都で浮気調査ならご相談ください

京都探偵相談室

京都探偵相談室では浮気調査を得意としております。
他の興信所や探偵社では結果が出なかった浮気調査も一度当社にご相談してみてはいかがですか?
秘密厳守・安心料金で調査致します。まずは無料相談をご利用ください。

浮気調査以外もご相談ください

京都探偵相談室では浮気調査以外にも人探し、ストーカー調査、個人調査、その他の調査などいろんな調査をさせていただいております。
全て明確な安心料金で調査をいたしますので、まずは京都探偵相談室にご相談ください。
浮気・不倫調査

浮気調査

・浮気の事実があるのか確認したい
・浮気相手と会う日が特定できているので、その日に調査してほしい
・浮気相手と別れたと言っているけど、まだ会っている様子
など当社では離婚問題の他、様々な浮気調査、不倫、不貞に関する調査を扱っております。

人探し・行方調査

人探し

・突然家出されたお子様や親族
・連絡の取れない友人
・金銭トラブルの相手
当社では様々な理由で家出、失踪され行方不明になられたご家族などの家出発見、行方不明安否確認・失踪捜索のお手伝いをさせて頂いております。

ストーカー調査

ストーカー調査

加害者のゆがんだ感情表現から、被害や行為がエスカレートしていくのが嫌がらせ・ストーカー被害です。

個人調査

個人調査

個人調査とは、資産、負債、人柄、信頼度、交友関係、ライフスタイル等を把握する調査です。

浮気調査なら京都探偵相談室

その他の調査

その他の調査についてもお気軽にご相談下さい。当社の探偵が誠意をもって対応しお悩みを一緒に解決致します。

浮気調査とは?

一度「浮気してるのでは?」と疑問に思ってしまうと、相手を信じられなくなってしまいます。心の中のモヤモヤが晴れずに日々過ごしていると、疑っている態度が出てしまい、結局夫婦関係や恋人関係がうまくいかずに決別してしまうというケースもあります。

浮気調査を行い、浮気の事実がなければ、再び相手を信じることができるようになるでしょう。
実際に浮気調査を行い、浮気の事実がなかった方から、「夫のことを再び信じられるようになり、以前より夫婦関係が良くなった。調査をして本当に良かった。」というお話しをお聞きします。逆に浮気の事実が判明してしまった場合は、夫婦関係を修復するための対策を考慮したり、離婚や慰謝料の請求に向けて一歩踏み出すことが出来新たな出発が出来ます。

疑念を抱いて毎日を過ごしているのであれば、真実を知ることにより、モヤモヤした日々から前進することができます。

浮気(不貞)の証拠があれば、離婚をするしないに関わらず、夫(妻)や浮気相手に、精神的苦痛に対しての損害賠償を請求することができます。また、浮気相手に慰謝料を請求することで、夫(妻)と浮気相手の関係に亀裂が入り、別れるというケースも多数ございます。

離婚をしない場合は、夫婦関係恋人関係を一からやり直すこともできます。また、離婚する場合でも、浮気相手に慰謝料を請求して亀裂が入れば、相手の思い通りにはいかないようになるケースもございます。

原則として、有責配偶者(離婚の原因のある方)からの離婚請求は認められません。その為、夫(妻)から離婚したいと言われている場合でも、浮気が原因の場合は不貞の証拠を撮ることにより、離婚請求を棄却することができます。

協議離婚をする場合には、お互いに合意すれば離婚することができますが、どちらか一方が離婚に反対している場合には、法定離婚原因が必要となります。その一つが「相手に不貞行為があった場合」です。浮気が原因で離婚を考えている場合には、浮気(不貞行為)の証拠があれば離婚が認められる事になります。 もちろん、離婚の際に不貞行為を行った側や浮気相手に慰謝料を請求することも可能です。

法的な根拠はありませんが、浮気(不貞行為)の証拠があることにより、浮気(不貞行為)を行った側が引け目を感じて、財産分与・養育費・慰謝料等の額が有利になる場合もございます。

夫婦関係修復の為に、どのような人物か等を把握して話し合いを行い、不倫関係を精算させることができます。単に問い詰めても認めなかったり、逆切れされたりする事が多いので、話し合いの前にきちんとした証拠をつかみ、浮気相手が誰なのかを特定して話し合いをすることにより、不貞行為を行った側も素直に認めて浮気相手と別れるケースもございます。もちろん、この場合も浮気相手に慰謝料を請求することが可能です。

浮気(不貞行為)の証拠を掴んだあとは、すぐに離婚や慰謝料請求などの行動に移す必要はございません。浮気の事実を知ったときから3年間有効となりますので、今後夫婦関係が悪化した場合に備えて、切り札として取っておくこともできます。また、離婚を考えている方は、財産分与や養育費などの離婚条件を有利にするための準備期間としても使えます。ただし、3年間を過ぎてしまいますと、慰謝料の請求はできませんのでご注意ください。 浮気の証拠があなたを守る「お守り代わり」となります。

離婚した夫(妻)が転職して、慰謝料や養育費が滞っている等。転職する前は、給与を差し押さえしていたので大丈夫だったけど、急に転職して転職先を教えてくれず、慰謝料の分割払いや養育費の未払いが続いている場合がよくあります。 そういった場合は、離婚した夫(妻)の勤務先の調査を行い、判明すれば再度差し押さえすることも可能です。

離婚事由で一番多いのが、「性格の不一致」という理由です。急に「性格の不一致」を理由に離婚を迫られている場合は、浮気(不貞行為)を疑った方が良いと感じます。何も知らずに「性格の不一致」で離婚を認めてしまうと、浮気している側や浮気相手の思う壺になるだけなのです。 まずは、浮気の事実があるかどうかを調査して、浮気の事実があれば本格的に慰謝料の請求に向けた証拠を収集される事をお勧めします。

京都探偵相談室ブログ

浮気調査やその他の調査など調査内容を公開できる範囲内でブログ配信しています。

浮気でお悩みの方は京都探偵相談室にご相談ください

安心価格で調査いたします・まずは無料相談。

今すぐ無料相談する

(担当者直通)

メールで相談する